So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
軽便鉄道 ブログトップ
前の10件 | -

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その56)TMSコンペ2018が中止に!”太平洋炭鉱その7” [軽便鉄道]

いやはや、1ヶ月また穴開けちゃって...実はおこがましいんですが”TMS(鉄道模型趣味)誌の鉄道模型コンペ2018”出品を狙って密かに(?)活動してたんですが、昨日中止のお知らせが...
まだ、ぼーっとしています。
IMG_1212.JPG

うーん、なんとも致し方ないですねー
まあ、それはそれとして、いつもの作成風景。
2018071301.jpg

バリエーションを3つにしました。
それぞれ、なんとなくよさげなところを抽出して、3つにしています。
2018071401.jpg

上は出力用の並び。こっちはそれを元に画面上で組み立てた図です。
2018071601.jpg

さらにパンタ用の櫓を載せます。
2018071602.jpg

小物を含んで櫓周りを設計して...
20180729クリアパーツ隠線.jpg

出力されたのがコレ!
スコップが見えますかね?
スコップは、トロッコに積んだりする予定。
IMG_1216.JPG

これもトロッコの積荷の電線のケーブルドラム。
20180701ケーブルドラム.jpg

穴開けないようにしなきゃ〜
nice!(4)  コメント(4) 

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その55)大穴開けてすみません!”太平洋炭鉱その6” [軽便鉄道]

あれから、どこへ行ったやら〜
大穴開けまして、すみません!
初めて1か月更新無しってやっちゃいました!!

まずは、つまづきよろめきの原因、電気機関車の窓枠!気に入った形にならなくて...
ここに載せていないものを合わせて、5回やり直ししましたが、結局、別パーツを諦めて
一体型に変更します。
DSC06584.JPG

炭車の台車ですが、これも1つは載せてませんが、計4回。
一番上が最初のインチキアーチバー。次が2つ目の芯のみ造形。そして一番下がキャップ型の
トロッコっぽい車輪...まあ、おもちゃっぽいかなと思いつつ、一番入手しやすい5.6φ車輪を
使っての表現です。どうでしょうか?
20180627炭車の台車.jpg

クチュクチュと走るのはキャワイイかな?と...それこそ走りは安定の5.6φですから、
オールプラで出力したら、とてもこんな安定走行とコストパフォーマンスは得られないでしょうねー
DSC06587.JPG

なーんてことをもそもそとやってるうちに時間が経ってしまったんですねー
で、もう一つ面長なタイプの機関車の設計。
20180621面長.jpg

20180622面長.jpg

ふんでもって、こいつは炭車、鉱車じゃなくて、事業用車ってノリにしたいんで別の車を用意!
20180625.jpg

え〜い、ミキスト編成だ〜!
20180627炭車.jpg
nice!(4)  コメント(4) 

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その54)キャラクターも出て来たよ”太平洋炭鉱その5” [軽便鉄道]

どーもー!
連休も終わっちゃいましたねー

息切れしながら、1回目の修正入れつつ、2回目の太平洋炭鉱の電気機関車です。
今回はデッキが.無い..短いタイプです。
20180512002.jpg

前回と大きく変えたのは、Hゴムを別パーツにして塗り分けを楽にしました。
ただ、太さ感がどうなるかは、出力の上がりを祈るのみ!
とりあえず、入稿チェックは通りました。
2018051301.jpg

うまくいってくれー!
2018051302.jpg

あと、デッキ短いタイプは側面窓も小さいんでのっぺり...と思ったら、改造年度の”丸芝銘板(?)”も
ついたタイプもあるようなので銘板を追加。
2018051804.jpg

鉱車も車輪の見せ方を変更!これは、お楽しみ(のはず)ですね!
2018051303.jpg

さらにさらに(?)今回はワールドの盛り上げ役に唐突なキャラクターが登場!
ただし、サイズはノンスケールです!
2018051101.jpg

出力されたものを...
image1.jpeg

早速、組み立て!
image2.jpeg

キャップランプ...携帯式帽上電気安全灯(というらしい)とバッテリーをケーブルで結んで完成!
目の玉は難しいー!手塗りに限界なんで次回から、別パーツだー!!
image3.jpeg

世界観としては、こんなです!ではまた!!
FullSizeRender.jpg
nice!(5)  コメント(4) 

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その53)素材を変えてみよう!”太平洋炭鉱その4” [軽便鉄道]

ご報告が遅くなりまして...
プリントが上がってきまして...ワーイ!
image1.jpeg

兎にも角にもアクリルガッシュでざざっと色付けしてみました!
これは空の状態。
image1 2.jpeg

これは石炭を積んだ状態!
image2 2.jpeg

まー課題はありますねー
連結器はザラザラ!もう一回り大きくしてみます。
image2.jpeg

台車もねー小さすぎたかなー
image3.jpeg

まあ、しずしずと動くんで第一段階としては、良いかなー
image3 2.jpeg
nice!(4)  コメント(4) 

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その52)素材を変えてみよう!”太平洋炭鉱その3” [軽便鉄道]

相変わらず、ちょと間が空きましたが...
何をしていたかといえば...一部で話題(?)の武蔵小杉の秘密基地の様な模型屋さんに行って
もとい!潜入してみたり...
IMG_0993.JPG

ついついこんなのを買ってしまったり...
IMG_0999.JPG

だが、しかし、こーんなラフを元に
太平洋鉱山石炭20180315.jpg

何とか、太平洋鉱山の鉱車をでっち上げましたー
20180331太平洋鉱山 鉱車1.jpg

台車は本ものは車輪の内側で軸が止まってるタイプなんですが、そこにベアリングを入れたりする根性はないんで適当なアーチバータイプで凌いでます。
20180331太平洋鉱山鉱車 石炭あり.jpg

石炭は外せる様に仕込んでます!
20180331太平洋鉱山鉱車 石炭なし.jpg

先週末に原因不明のエラーを何とか乗り越え発注しましたんで、後は出力待つのみ!!
20180401太平洋炭鉱鉱車隠線.jpg
nice!(2)  コメント(2) 

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その51)素材を変えてみよう!”太平洋炭鉱その2” [軽便鉄道]

お待たせしました!
3Dプリントができて届きました!
太平洋炭鉱6.jpeg

早速組み立てます!
ちゃんと予めナットが入るようになってます!
太平洋炭鉱1 2.jpeg

”はこてつ”動力を準備して...
太平洋炭鉱2 2.jpeg

これもぴったりです。
太平洋炭鉱3.jpeg

素組み状態です。
太平洋炭鉱4.jpeg

色の検討...
オリジナル黒
20180307線画黒色.jpg

碓氷のEC40風
20180307線画青灰赤.jpg

ぶどう色タイプ
20180307線画ぶどう色.jpg

スイス(?)タイプ
20180307線画赤.jpg

とりあえず、2タイプで...
ジャーン!!
太平洋炭鉱1 3.jpeg

初めに奥の2色タイプを下地処理なしでガッシュを塗ったのですが、梨子地が気になるかならないか?
次に黒を塗る前にはジェッソを何回か重ねましたがどうでしょうか?
今度はボタっとしすぎかなあ?
太平洋炭鉱2 4.jpeg

手すりは0.3Φmmでは細すぎたんで作り直しですね。あと、バックミラーも細かすぎて
折れてしまいました(涙)。次回再挑戦ですねー
太平洋炭鉱3 2.jpeg

ここまで作って、側面と前後が逆...はしごに近い方にドアが来なきゃあいけないことに気づきました!
太平洋炭鉱4 2.jpeg

まあ、T1(トライ1)ではこんな感じかな?
幅は本体のみなら約15mm!
太平洋炭鉱5.jpeg

自分で言うのもなんですが、そこそこ形にはなったんで、次回はデッキなしタイプやら
鉱車も作って行きます!
nice!(3)  コメント(3) 

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その50)素材を変えてみよう!”太平洋炭鉱その1” [軽便鉄道]

相変わらず間が空いて...
何事もなかったように冬季オリンピックも終わっちゃいましたねー
これが本当の”ピョンちゃんオリンピック”なんて...
20180224ショートトラック3.jpg

その合間に昨年の「大根の森の島」展で一緒にやった大山氏とのコラボでちょっと、フィギュアを作ったり...
image1.jpeg

...で赤い電車の再プリントアウトを考える中、素材をアクリルから廉価なナイロンに一部置き換えられないかの検討を開始...まあ、飽きたわけではないんですが、諦めたんでもないんですが、ちょっと別なテーマで別な素材を使って作ってみようという、気まぐれ!
テーマは”太平洋炭鉱”のノッポ機関車!!
実はかれこれ10年くらい前に図面まで書いて...
image1.jpeg

プラ板で作ったボデーにKATOのポケットラインの動力をガシガシガシガシ削って...
止まっちゃってたんですねー相変わらず!
image2.jpeg

今回はTOMYTECのはこてつ動力ユニットで行こうかと...小さくなったもんですねー
好きな方は6.5mm 1/80とかなんでしょうが、9mm ほぼ1/80でゆきまーす!
でも、大まかですがパンタ高まで約60mmくらいですから、軽便としてはイイところ?
早速、昔の図面を元に作り始めます。
20180213.jpg

まあいつもの適当なオブジェクトの組み合わせでバランス見ながら形を作って行きます。
実は本物も見に行ったんですが行きの青函連絡船でカメラ落っことして壊したんで写真は1枚も
ないんですねー、写ルンですが出る前で中古カメラ買うなんて思いつかなかった悲しい思い出!
2018021401.jpg

台枠はイラレで作って読み込みました。へへへ、らしくなってうれいいところ!
2018021402.jpg

側面も今回はイラレ
2018021901.jpg

もーいろんなバリエーションだらけの機関車群から良さげなところをいただいてますんで
特定号機ではないですが
2018021902.jpg

ザクザクと進めます。
2018022401.jpg

だいたい形になったかなー
2018022501.jpg

ほぼ、これで決まりました。...後でバックミラーを追加して発注したんですがピンリンクのピン忘れました...
2018022801.jpg

こんな感じで組み立てたものをまたまた、分解してさらに小さくまとめます...容積率がポイントね!
これはアクリルで出力します。
パーツ隠線1.jpg

こっちがボデー、こっちはナイロンね!
ボデー隠線1.jpg

まあ、大きくして作ってますが全長約50mmがどこまでうまく出るか、お楽しみに!
失敗したら怖いけど
20180218原寸か.jpg
nice!(0)  コメント(2) 

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その49)ファーストショットの反省会 [軽便鉄道]

いつまでも、おめでとうでもなかろうと、もぞもぞと活動開始しないと!とはいうものの、最初の出来上がりの改訂...あーっ!訂正箇所の多いこと多いこと!!!
汚い字でごめんなさい!!
...ずっ頭痛が...
image1.jpeg

仕方なく、ぽちぽちと
ドアもペナペナだったしー
IMG_0627.JPG

厚みは、0.5mmしかなかったんで...
2018020103.jpg

1.0mmくらいに
2018020104.jpg

ドア下のステップも厚みも0.6mmから
2018020101.jpg

1.1mmに
2018020102.jpg

その辺りで、また散漫な...
噂の”活版印刷”を横目で見たり、谷口ジローさんに続いて、狩撫麻礼さんまで...合掌です!
image1 2.jpeg
nice!(4)  コメント(4) 

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その48)とりあえず、感動(?)のファーストショット!! [軽便鉄道]

先の記事でも紹介しましたが、展覧会を前に慌てて出力!
まずは組み立ててみましたので、そのご報告!
ちなみに今回は全てアクリルガッシュでの筆塗りです。
20171202B電車1.jpg

側面
このバランスがこの動力台車を使ってできるギリギリのボデーサイズ...かと
20171202バランス.jpg

20171202電車4.jpg

20171202B電車2.jpg

反対側から...屋根のプーリーを1個多く出しちゃいました。
20171202B電車3.jpg

写真が前後しちゃいますが、組み立て塗装前がこの写真...
IMG_0613.JPG

IMG_0614.JPG

IMG_0615.JPG

ドアだけ組んだところ!
IMG_0627.JPG

本体への組み付けは、設計ミスでまだですが、メーターの針まで再現できました。
このあたりはフリーランスの強みでしょうねー
20171202B運転機器.jpg

心配したT社台車への組み付けのフィット感はバッチリ!ふわっ、そしてキュッと嵌りました。
アナログのノギスでよくできたなあ!(自画自賛)
IMG_0620.JPG

ささっと筆塗りしました。
20171202B台車1.jpg

乗せてみてヨシヨシ!
20171202B台車2.jpg

つり革!...本当は可動予定でしたが、隙間が小さかったようで...
20171202Bつり革.jpg

ライト部分...本来なら別パーツにしたかったんですが、屋根と1体です。
でも、プラ成型みたいに抜き方向を考える必要はないので、どうなんでしょう?
20171202Bライト.jpg

ハンドルの隙間も抜けてます。
レンズは透明の樹脂で出力し、リング部のみ別パーツにしてはめ込んでます。
20171202ライト2.jpg

ドアノブとレールの外れ止めとか、外れ止めはもっと大きくても良いですね!
もっともドアとかも0.5㎜厚でも全然薄すぎました。
ドアノブは別パーツで塗装は楽ですがやや強度不足...1本折っちゃった
20171202ドアノブ.jpg

車両標記の札枠は苦労(最後までここでデータエラーがあったんですがなかなか気づきにくくって)
した(?)甲斐があって紙を差し込めますね!
20171202車両標記の札枠.jpg

正面のワイパーはゴツすぎかと思いきや許容範囲かな...サボもまあいいか
ただし、パンタのヒモの押さえが縦桟にあったですが、糸に負けて破損!要検討ですね。
20171202ワイパー.jpg

底部のモーター押さえパーツ
20171202底面.jpg

内部は椅子を入れましたが...コスト削減を考えるとどうするか?
20171202B内部.jpg

運転席との間仕切の国旗は無事再現。
20171202B間仕切り.jpg

...ここに書いた以外にも強度不足や隙間やエラーが山のよう!!!
でも形になってよかったなー大きさも自分の思ったようにできました!
そんなカワイイやつなので財布の許す限り...年明けでしょうか?再トライだー
nice!(2)  コメント(5) 

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その46)サボ受け、ミニ電車その後、マメウサギ!! [軽便鉄道]

どもどもども!!すみません!大穴開けまして...
やることはやってたんですが、UPロードが...

言い訳はこれくらいでと、まず、電車!
まず、サボを作って、凹みはシールの位置と厚みのためね!
ちょうど、ミニSDカードくらいかも?
20170929サボのみ.jpg

サボ受けを作って...
20170929サボ.jpg

こんな感じかなあ?
20170929サボあり.jpg

以前のスピンオフ? ミニ電車の修正。
黒色に染めると色移りするようです。色移りは黒の着色をやめて白にして塗るしかないかなあ?
DSC06329w.JPG

懸案だった、ブレーキの折れは一体成形に変更しました。
DSC06325w.JPG

踏切も直します。
メインはハシゴが細いので太くして強度を高めます。
DSC06322w.JPG

紙で作った試作シールも真っ黒になってます。
DSC06324w.JPG

組んで塗ってみましょう、今度...
DSC06323w.JPG

はてさて、立体物のテストを兼ねて久々登場マメウサギくん!
ジャーン!!
2017092402展開前.jpg

まず、1羽作ってみて、組み立ててみます。
2017092401うボデー.jpg

で、またバラして、3D用にレイアウトします。
20170924005.jpg

ちなみに素材はいつものアクリルから、ナイロンに初挑戦ですので
何回か”細かすぎます”の返信メールをDMMさんからいただきました。
再現性の細かさはアクリルに負けるけど、アクリルの価格の1/3という、ナイロンの誘惑...
で、プリントの出来上がり!緑と白に打ち分けました。
DSC06326w.JPG

逆面ね!
DSC06327w.JPG

早速組み立て!首の可動部は良かったんですが、腕の付け根はカパカパ!
糊で止めちゃおーっと!
IMG_0484.jpg

おおっ!!ついに登場から17年!ついに3Dが3Dになった?
IMG_0491.jpg

昔から”良い人形は立つ”と申しますが(ウソ)、偶然、自立しました!!
IMG_0492.jpg

粘土で目を入れましたが、まさに臥龍点睛を欠いてますねー、やり直し!
DSC06328w.JPG

...というように、あっちゃもこっちゃもやって、もーしっちゃかめっちゃかですが、
懲りずにご期待ください!!
nice!(1)  コメント(3) 
前の10件 | - 軽便鉄道 ブログトップ