So-net無料ブログ作成
検索選択

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その29)パンタ研究会7 組んでギミックの確認! [軽便鉄道]

ちょっとしたお楽しみのギミック(仕掛け)を確認。
まだ、スプリングも仮だし、高さも北勢線らしくもう少し高く振りかざしたい...とかいろいろ
あるんですが、ともかく目玉の一つである、下げる時は指ですが、
上昇時は紐でフックを外してバネでビヨーンと上がるという...
とりあえず、ピヒョッてな感じですが...ヤタっ!!見事成功!
スプリングも正式版を選定しなきゃ!!


(*ちなみに初めての動画UPです!)

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その28)パンタ研究会6 プリントアウト出来たっ! [軽便鉄道]

せっかくの桜なのに今年はお天気に恵まれませんね!
それでも目黒までお出かけ...
DSC05612.JPG

パンタ研究会はついに!!
ジャーン!!
20170409全体.jpg

パーツはこんな感じに...
20170409部品各所.jpg

”TUD”のロゴもなんとか見えてます...って思ったよりイイ感じ(自画自賛!)
...塗装で潰れちゃうかなあ?
20170409TUDロゴ.jpg

碍子もこんな感じに...
パンタT1碍子.jpg

そして、フック部を早速組み立てます。
まず、糸を通してバネを入れて(バネはアーノルトにくっついてるやつね、もち、サイズぴったし!)
20170409フック.jpg

仕込んだら、蓋をして、完成だっ!
う〜ん、よく動くんですが若干油が必要...というか、ちょっと大きくして強度が欲しい!
20170409フック組み立て.jpg

とりあえず、全体の仮組み!
20170409組み立て全体.jpg

早速載せてみます!
20170409箱の上.jpg

う〜ん、所々問題はあるものの、なんとか形にすることがわかってきた感じです!
...TRY1?ファーストショット?はここまで!次へ続けるど〜!!
(*各々クリックで拡大します)

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その27)パンタ研究会5 [軽便鉄道]

ど〜も、ど〜もです!!(やや明るい!!)
まずは前振り!
4/1はお友達の展示会を見に鎌倉へ出撃!
と、その途中立ち寄った小田急中央林間駅の床になんとお懐かしや!
駅貼りポスター用(?)の「画鋲」くん!
最近ホチキスに押されて、すっかりごぶさたでしたが、たまたま床が柔らかい時に
埋まっちゃったんでしょうね〜
20170401中央林間駅画鋲.jpg

まあ、写真の出来は全く触れないでいただいて
DSC05585.JPG

そうなると、これをお買い上げ...鳩サブレーで我慢すりゃー大人なのにね!
Bとれ江ノ電.jpg

帰りの大船駅で見かけた、158系。窓、つまみ(?)だったのね...特急なのに!
20170401 185系窓.jpg

さてさて、本題の”おパンタ様”!
新ソフトの”Mesh mixer”でチェック!!
ぎゃ〜〜〜〜!!エラーだらけ!!!
スクリーンショット 2017-04-02 12.22.20.png

...元のDMM推奨の”netfabb free”に戻って、ぎゃー!こっちも穴が”49”(右上)で、
1か所ずつ、穴塞ぎかと意識を失いかけたんですが
よ〜くビデオをみたら...左下の”Automatic Repair”を押すだけで良いんだと!!!
使い方1.jpg

そのあと、ココ押して!
使い方2.jpg

見ると穴はなんと、あっという間に”49”が”0”に!
下の”Apply Repair”を押して
使い方3.jpg

で置き換え(?)して
使い方4.jpg

最後にもう一度”stl”ファイルで書き出して保存して、DMMに見積もると数分で結果、「OK」でした!
早速発注しましたんで結果待ちですね!

おまけ!
最後の最後にパンタの昇降用の”紐の取手”を追加。
紐の取手1.jpg

内側は糸を通したあと、糸の下側を団子むすびで抜けないようにしました!
紐の取手2.jpg

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その26)パンタ研究会4 [軽便鉄道]

どもども!
遅れまくってますが...

先週は1時間なんですが、”Fusion 360”のセミナーに参加して来たり、”netfabb Free”って
stlモデルのチェックをやるのに使ってたんだけど、訂正とか使いこなしてなくって...
英語版だしねー

で、ちょっと前に戻って、接合部。
上部を下部に嵌め込むって考えてたんですが...
2017022703.jpg

2017022704.jpg

2017022705.jpg

強度的にサンプルチップでは、ある程度の柔軟性は見てるんですが、この形状が本当に良いのか
もう一度、考えて...
そうか!最初に下段から外向きの突起をつけておいて、上部はN字型である程度遊びを取れるように
して、嵌めた後に接続部以外のステーで固定することに変更!
20170321P1.jpg

ちょっと見にくいけど...
20170321P2.jpg

ここがステーね!
20170321P3.jpg

で、相変わらず、エラーが
スクリーンショット 2017-03-20 16.57.39.png

あちゃこちゃ、発生しまくってるんですが、今度は”meshmixer ”って日本語版でなんとかならんか!
と、悪戦苦闘を続けます...
スクリーンショット 2017-03-20 17.00.36.png

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その25)パンタ研究会3 [軽便鉄道]

遅くなりまして...

...苦労してました...ぜ〜って息切れ!

前回のシリンダーに加工したフックの形状から...
もしかすると糸で引いたら、フックがガクガクしないか心配になったんで
20170312フック落ち込み.jpg

隙間を作って、フックの根元にもレールとガイド(?)を付けました。
摩擦で重くなったり引っ掛かったりする、リスクもあるんですが
20170312フック改.jpg

筒の上部のすきまね!
20170312フック1.jpg

..で、パーツを並べて、いざ、3Dプリントの準備へ
20170314全2.jpg

こんなね!
20170314全1.jpg

んで、出す前に”netfabb Free”でエラーが出ないか、チェックしたら、出るは出るは!!!!!!
右下の赤の三角の!マークね!
スクリーンショット 2017-03-14 9.29.13.png

仕方ないんで、1パーツずつ、バラして総確認!!
こんな小さいところにも、反応してるみたい....赤丸内の黄色い線ね!
ほとんどわかんねーし!!
チェックエラー.jpg

結局、1日掛かり!!
やっとエラーがなくなったけど、まだ、パンタの1/4じゃん!!
スクリーンショット 2017-03-15 0.35.11.png

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その24)パンタ研究会2 [軽便鉄道]

暖かくなると、展示会やらトークショーとか段々賑やかになって来まして...
もちろん、スワップミートにも行って鉄分補給は欠かしません!(お買いものは無しでしたが...)
20170306入場券とか.jpg

パンタの続き...
スプリングを買っては延ばしたり、スプリング研究会になっちゃう...春だしいいかー?
20170306スプリング.jpg

前回のフック部の組立図を兼ねて、形にしたものをバラしてみる...
...①スプリング(アーノルドカプラーの根っ子にある奴の余り物ね)を入れて、
②フックをスリットに差し込み、押さえながら、③フタを差し込んで糊付けして下さい。
...てな感じかしらん!
20170306パンタフック部.jpg

んな訳で、何とか”パンタ全体図”に漕ぎつけました!
これも出来たものをまたバラしながら、再度、グルーピングして行きます。

...フック部を組んだら、パンタを留めるためのナットを真ん中に入れて、フタを糊付け。
フックをスライドさせながら糊付けしてください。
〜その他は図を見ながら、組んでね!
(ああ、なんて無責任!しかも、上昇スプリングはまだ絵に入っていません!)
20170306パンタ全体.jpg

この基部の真ん中のフック部(下降シリンダーに食い込んでますが)と釣り相棒とベースのハシゴが当たること当たること...なんとなく動きはわかるんですが、うまくいくかは難しそうですが、後は祈るのみ!
20170306パンタ全体2.jpg

ベース部の真ん中の円盤には”TUD”? ”Tokyo Usagi Denki”?なんのこっちゃですが
まあ、お遊びでレリーフをつけましたが、拡大してここでは見えてても実際は直径3.4mm、レリーフの文字の出っ張りは0.15mmですので、どこまで再現できるかは、お楽しみですね!
20170306TUD.jpg

この後は、これで取り敢えず、実際に3Dプリントの準備に入って行くつもりです!!
(*各々クリックで拡大します)

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その23)パンタ研究会 [軽便鉄道]

今週も更新が遅れ気味!!

つつ、つつ、ついに”パンタグラフ研究会”!!

大きさをいつものあ〜でもない!
20170222パンタ2.jpg

こ〜でもない!!
20170225ちょっと幅縮める.jpg

こんなかいな?
2017022502.jpg

まあ、こんなかいな?
20170222パンタ1.jpg

接合部研究会!
これと...
2017022705.jpg

この凸をパチンとはめて組み合わせれば...
2017022704.jpg

こうなるはず!!(あくまで予定ね!!)
2017022703.jpg

...して、一気に!ジャーン!
太く見えるけど太さ1.0mmΦ...
20170226パンタ1.jpg

...で、お楽しみのギミックを仕込みます。
パンタが下がってるとフックに引っ掛かって留まります。
2017022702.jpg

フックの後ろの穴には糸を通して、その糸を引くと、パンタがビヨヨ〜んと上がる予定!!
2017022701.jpg

うまく行くと、いいなあ!!

ところで、昔の写真ではパンタの舟体の中心から、紐が伸びていますが、最近の写真には
紐がパンタをあげても見えていない...上昇用バネは変わらないようなので、
もしかすると、昔は手動(紐引き)でパンタを下げて、上昇はバネ。後年になって、
空気下げシリンダーが後付けで付けられたんで、下げる時は空気下げシリンダー、
上昇時は紐でフックを外してバネでビヨーンと上げているのではないでしょうか?
そのうち、本物を見に行きたいなあ!

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その22)ドア追加 [軽便鉄道]

ドアの窓さんをすこーし太く修正...
20170213ドア改.jpg

次に手すりを追加。0.4Φかなと思ったんですが、0.5Φに!
20170213手摺.jpg

ガゴーン、ガゴーン...
20170213手摺2.jpg

...ギギギギッ!
20170213手摺3.jpg

遊んでばかりいないで...パンタを少し前に!
やっぱ、こうかな!!
20170216パンタ位置前に.jpg

こうなると、やっぱり側面3ドアじゃあなきゃあ!!
...で結局...でも、下回りに比べて長すぎたらドボジよう!
201701901.jpg

早速、得意の紙モデル!
20170220ドア3ヶ02.jpg

ちょっと長いが、連結器があれば、スカスカ感無しでいけそうかな?
でも、今度は連結器の首振りに要注意ですね!
目指せ、103R通過!!
20170220ドア3ヶ01.jpg

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その21)大きさ研究会 [軽便鉄道]

側面のドアの長さを調整...少し長くしてみる。
これが元。
2017021209.jpg

これが延長バージョン。
2017021203.jpg

で、側面の裏側。まず、上部のドアレールは側面にくっつけておくことに。
(ちょっとわかりにくいけど)
2017021204.jpg

塗装後、ドアを置いて...
2017021205.jpg

下側のドアレールとステップのパーツをはめる...と想定。
2017021206.jpg

側面のやり直しに合わせて正面もリサイズ。
35mmと40mmの間の38mm...真ん中ね!
DSCw05435.JPG

左ね!
DSCw05436.JPG

中央ね!
DSCw05437.JPG

合間にどこまで再現できるかわかんないけど、ワイパー!!
2017021201.jpg

細いステー(?)は、1.2mmΦ。
2017021202.jpg

大きさは真ん中取って、幅38mmかなー

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その20) [軽便鉄道]

...雨樋が直線なんて思い込み!
窓下のウィンド・シルとのあたる部分はどうなっているか、気になってたんですが、
改めて見ると、ぐわんと外側に曲がってたんでびっくり!
20170201雨樋1.jpg

早速、ひん曲げました!
20170201雨樋2.jpg

...で、大きさ研究会!!
2000何年頃でしょうかね...プラモのハセガワが、当時の営団の300系と、01系をメトレンって名前で
フリーランスで出してたんですね!(今だにヤフオクに出てるんですね!)
DSC05416w.JPG

デフォルメの感じが良かったんで購入...在庫になってましたが、何年かぶりかで日の目を
みることになりました。
プルバックの下回りを外して価格が安いkatoの通勤電車ってBトレの下回りを組み込んで
走るようにしまして...
DSC05417w.JPG

同じく、ハセガワの靜鉄の市内線。これはkatoの2軸動力です。
DSC05418w.JPG

お次は岐阜市内線の廃止記念だったか、こちらはタカラ製。チョロQのプルバックの下回りを
外してkatoのボギーを仕込みましたが、約35mmの幅で車輪径5.6Φは違和感ありありでした!
DSC05419w.JPG

おなじみ、GNOMY...
DSC05420w.JPG

総並べして検討中...
DSC05421w.JPG

...で、結局、紙に印刷して、う〜ん、35mm幅と40mm幅で良いかなあ?
DSC05423w.JPG

DSC05425w.JPG