So-net無料ブログ作成
検索選択

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その33)パンタ研究会11 できたよ、TRY2! [軽便鉄道]

思ったより、早くプリントアウトが到着!
2段にしましたが、変なところで上下でくっついてるところは無し!ほっ!!
DSC05945.JPG

切り離して、組み立て開始!
DSC05946.JPG

中性洗剤でさっと洗って、素組しましたが動きが渋いので馴染ませるため
手で上下動を繰り返していたら...ギャーッ!!
苦労して取り付けた、”釣合棒”の取り付け部品がボロっと折れてしまいました!
DSC05950.JPG

釣合棒は、KATOの広電200やアルモデルの軽便用パンタに付いているものを参考に
設計して、若干遊びも考慮した長穴にしていました。
綺麗なひし形を描くのに必要なパーツと思っていた釣合棒ですが、架線終電をしない限り
なくても良いようです...
DSC05951.JPG

で、思い切って撮っちゃうことにしました!(暫定で荒く削っただけです)
DSC05952.JPG

後は外観の確認...
予定通りやや上に上がり気味のスタイルはOK?
(奥が前回のTRY1ね)
DSC05957k.jpg

後、TRY1とは、ステー...丸棒部分をφ1.0mmから、φ1.1mmに太くして
強度を確保しようとしています。ただ接合部はそのままだったんで、結局は
見てくれだけかも...(奥がTRY1、手前がTRY2ね)
DSC05955.JPG

いろんな角度から見て行きます...
DSC05956.JPG

ふーむ...
DSC05958.JPG

畳んだところも
DSC05959.JPG

うーん
DSC05954.JPG

やっぱ、載せてみるか?
DSC05961.JPG

そんなに差はないか?ってことでφ1.1mmで行きましょうかねえ!
DSC05960.JPG

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その32)パンタ研究会10 TRY2発注! [軽便鉄道]

連休前に発注した、スプリングが先日届きまして...メーカーさん、ありがとうございました!
仮に入れてたと言いながら、これも選定には力入れてたんですが、径4mmに拘りすぎたのが
敗因!それをちょっと伸ばしてはめてました。
DSC05917.jpg

今度は少し考えて、径は2.9mm。それより、線径と巻き数がポイントのようです。
で、これ(手前)に変更して発注!
DSC05918.jpg

きゃ〜〜!
かっちょいーー!(ただの、自画自賛)
DSC05919.jpg

そのあとにー
いくつも、いくつも訂正して、今度は一段と二段で変えて見積もり!
結果、2段でも倍額にはならないので、2段で発注!
チェック結果が来るのは、連休明けかしらん?
20170501W.jpg

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その31)パンタ研究会9 地味だけどTRY2へ [軽便鉄道]

今回は地味〜〜〜な活動報告です!
すこーしだけ、高さを上げる...やっぱりこれくらいかなあ?
2017042405.jpg

その他、ステーを全て1.0mmから、1.1mmに変更というジミーな(ひつこい!)
2017042401.jpg

でも、そのおかげで、あちらこちらのあたりを確認して
このシリンダーも外観とフック部をビミョーに補強して、尚且つあっちゃこっちゃと干渉しないように
いじります。
2017042402.jpg

ピンの頭も埋め込んだり...その他、ミスったところの訂正とかも...
2017042403.jpg

そんなこんなで、あっち向けたりこっち向けたりして、久々に肩が痛くなってきました!!
ふー!疲れましたが、最後に連休前にスプリングも発注してでも、本体は連休明けかなあ?
2017042404.jpg

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その30)パンタ研究会8 パンタ研究会、西へ! [軽便鉄道]

パンタ研究会、西へ!...なんのこっちゃ?
第一の目的は、カーニバルさんの初個展!
会場は四国、香川県の三豊市
展示会1.jpg
(*4/18までで終わっちゃたんですが...http://www.kokiriko.jp/event/gallery/entry-148.html

ほっこりと...楽しい会場風景...
DSC05709.JPG

今年は四国も春が遅く、桜が残ってました。(会場近くの神社)
DSC05717.JPG

さて、会場から高松に戻るには...
DSC05747.JPG

JR四国の誇る、8600系特急!キーンって感じでした!
DSC05754.JPG

翌日は5時起きで、高松発6:04の特急しまんと!揺れる揺れる!!
DSC05769.JPG

大歩危、小歩危を超えて...
DSC05780.JPG

高知県の安芸の野良時計!一度見たかったんですよねー
まあそれなりに開発されてますが...
DSC05807.JPG

まだ、長閑な風景が...レンゲも咲いて
DSC05816.JPG

安芸〜後免、後免町間は土佐くろしお鉄道...やなせキャラ全開です!
DSC05792.JPG

そして、南国土佐で
DSC05888.JPG

桟橋通五丁目終点!
DSC05854.JPG

この辺りはフツーのマニアさん?
DSC05842.JPG

実はここが見たかった!!
防潮堤の向こうの風景!
DSC05850.JPG

船溜りとか見たかったんですよね!
(この辺りは今後の潜水艦のネタね!http://mameusagi.blog.so-net.ne.jp/2012-07-16
DSC05848.JPG

さて肝心の研究会!
600型は下枠がすぼまったタイプのようでした...
青いのはバスの窓からなのです。
P5.jpg
P4.jpg
P3.jpg
P2.jpg
P1.jpg

おまけ!
このところ、都電、江ノ電、とさ電と、吊り掛け付いてますんで
コンプレッサー音で締めさせていただきます!

来週からはまた、3Dに戻す予定です!

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その29)パンタ研究会7 組んでギミックの確認! [軽便鉄道]

ちょっとしたお楽しみのギミック(仕掛け)を確認。
まだ、スプリングも仮だし、高さも北勢線らしくもう少し高く振りかざしたい...とかいろいろ
あるんですが、ともかく目玉の一つである、下げる時は指ですが、
上昇時は紐でフックを外してバネでビヨーンと上がるという...
とりあえず、ピヒョッてな感じですが...ヤタっ!!見事成功!
スプリングも正式版を選定しなきゃ!!


(*ちなみに初めての動画UPです!)

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その28)パンタ研究会6 プリントアウト出来たっ! [軽便鉄道]

せっかくの桜なのに今年はお天気に恵まれませんね!
それでも目黒までお出かけ...
DSC05612.JPG

パンタ研究会はついに!!
ジャーン!!
20170409全体.jpg

パーツはこんな感じに...
20170409部品各所.jpg

”TUD”のロゴもなんとか見えてます...って思ったよりイイ感じ(自画自賛!)
...塗装で潰れちゃうかなあ?
20170409TUDロゴ.jpg

碍子もこんな感じに...
パンタT1碍子.jpg

そして、フック部を早速組み立てます。
まず、糸を通してバネを入れて(バネはアーノルトにくっついてるやつね、もち、サイズぴったし!)
20170409フック.jpg

仕込んだら、蓋をして、完成だっ!
う〜ん、よく動くんですが若干油が必要...というか、ちょっと大きくして強度が欲しい!
20170409フック組み立て.jpg

とりあえず、全体の仮組み!
20170409組み立て全体.jpg

早速載せてみます!
20170409箱の上.jpg

う〜ん、所々問題はあるものの、なんとか形にすることがわかってきた感じです!
...TRY1?ファーストショット?はここまで!次へ続けるど〜!!
(*各々クリックで拡大します)

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その27)パンタ研究会5 [軽便鉄道]

ど〜も、ど〜もです!!(やや明るい!!)
まずは前振り!
4/1はお友達の展示会を見に鎌倉へ出撃!
と、その途中立ち寄った小田急中央林間駅の床になんとお懐かしや!
駅貼りポスター用(?)の「画鋲」くん!
最近ホチキスに押されて、すっかりごぶさたでしたが、たまたま床が柔らかい時に
埋まっちゃったんでしょうね〜
20170401中央林間駅画鋲.jpg

まあ、写真の出来は全く触れないでいただいて
DSC05585.JPG

そうなると、これをお買い上げ...鳩サブレーで我慢すりゃー大人なのにね!
Bとれ江ノ電.jpg

帰りの大船駅で見かけた、158系。窓、つまみ(?)だったのね...特急なのに!
20170401 185系窓.jpg

さてさて、本題の”おパンタ様”!
新ソフトの”Mesh mixer”でチェック!!
ぎゃ〜〜〜〜!!エラーだらけ!!!
スクリーンショット 2017-04-02 12.22.20.png

...元のDMM推奨の”netfabb free”に戻って、ぎゃー!こっちも穴が”49”(右上)で、
1か所ずつ、穴塞ぎかと意識を失いかけたんですが
よ〜くビデオをみたら...左下の”Automatic Repair”を押すだけで良いんだと!!!
使い方1.jpg

そのあと、ココ押して!
使い方2.jpg

見ると穴はなんと、あっという間に”49”が”0”に!
下の”Apply Repair”を押して
使い方3.jpg

で置き換え(?)して
使い方4.jpg

最後にもう一度”stl”ファイルで書き出して保存して、DMMに見積もると数分で結果、「OK」でした!
早速発注しましたんで結果待ちですね!

おまけ!
最後の最後にパンタの昇降用の”紐の取手”を追加。
紐の取手1.jpg

内側は糸を通したあと、糸の下側を団子むすびで抜けないようにしました!
紐の取手2.jpg

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その26)パンタ研究会4 [軽便鉄道]

どもども!
遅れまくってますが...

先週は1時間なんですが、”Fusion 360”のセミナーに参加して来たり、”netfabb Free”って
stlモデルのチェックをやるのに使ってたんだけど、訂正とか使いこなしてなくって...
英語版だしねー

で、ちょっと前に戻って、接合部。
上部を下部に嵌め込むって考えてたんですが...
2017022703.jpg

2017022704.jpg

2017022705.jpg

強度的にサンプルチップでは、ある程度の柔軟性は見てるんですが、この形状が本当に良いのか
もう一度、考えて...
そうか!最初に下段から外向きの突起をつけておいて、上部はN字型である程度遊びを取れるように
して、嵌めた後に接続部以外のステーで固定することに変更!
20170321P1.jpg

ちょっと見にくいけど...
20170321P2.jpg

ここがステーね!
20170321P3.jpg

で、相変わらず、エラーが
スクリーンショット 2017-03-20 16.57.39.png

あちゃこちゃ、発生しまくってるんですが、今度は”meshmixer ”って日本語版でなんとかならんか!
と、悪戦苦闘を続けます...
スクリーンショット 2017-03-20 17.00.36.png

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その25)パンタ研究会3 [軽便鉄道]

遅くなりまして...

...苦労してました...ぜ〜って息切れ!

前回のシリンダーに加工したフックの形状から...
もしかすると糸で引いたら、フックがガクガクしないか心配になったんで
20170312フック落ち込み.jpg

隙間を作って、フックの根元にもレールとガイド(?)を付けました。
摩擦で重くなったり引っ掛かったりする、リスクもあるんですが
20170312フック改.jpg

筒の上部のすきまね!
20170312フック1.jpg

..で、パーツを並べて、いざ、3Dプリントの準備へ
20170314全2.jpg

こんなね!
20170314全1.jpg

んで、出す前に”netfabb Free”でエラーが出ないか、チェックしたら、出るは出るは!!!!!!
右下の赤の三角の!マークね!
スクリーンショット 2017-03-14 9.29.13.png

仕方ないんで、1パーツずつ、バラして総確認!!
こんな小さいところにも、反応してるみたい....赤丸内の黄色い線ね!
ほとんどわかんねーし!!
チェックエラー.jpg

結局、1日掛かり!!
やっとエラーがなくなったけど、まだ、パンタの1/4じゃん!!
スクリーンショット 2017-03-15 0.35.11.png

フリーランスの電車を作ってみよう!(作戦その24)パンタ研究会2 [軽便鉄道]

暖かくなると、展示会やらトークショーとか段々賑やかになって来まして...
もちろん、スワップミートにも行って鉄分補給は欠かしません!(お買いものは無しでしたが...)
20170306入場券とか.jpg

パンタの続き...
スプリングを買っては延ばしたり、スプリング研究会になっちゃう...春だしいいかー?
20170306スプリング.jpg

前回のフック部の組立図を兼ねて、形にしたものをバラしてみる...
...①スプリング(アーノルドカプラーの根っ子にある奴の余り物ね)を入れて、
②フックをスリットに差し込み、押さえながら、③フタを差し込んで糊付けして下さい。
...てな感じかしらん!
20170306パンタフック部.jpg

んな訳で、何とか”パンタ全体図”に漕ぎつけました!
これも出来たものをまたバラしながら、再度、グルーピングして行きます。

...フック部を組んだら、パンタを留めるためのナットを真ん中に入れて、フタを糊付け。
フックをスライドさせながら糊付けしてください。
〜その他は図を見ながら、組んでね!
(ああ、なんて無責任!しかも、上昇スプリングはまだ絵に入っていません!)
20170306パンタ全体.jpg

この基部の真ん中のフック部(下降シリンダーに食い込んでますが)と釣り相棒とベースのハシゴが当たること当たること...なんとなく動きはわかるんですが、うまくいくかは難しそうですが、後は祈るのみ!
20170306パンタ全体2.jpg

ベース部の真ん中の円盤には”TUD”? ”Tokyo Usagi Denki”?なんのこっちゃですが
まあ、お遊びでレリーフをつけましたが、拡大してここでは見えてても実際は直径3.4mm、レリーフの文字の出っ張りは0.15mmですので、どこまで再現できるかは、お楽しみですね!
20170306TUD.jpg

この後は、これで取り敢えず、実際に3Dプリントの準備に入って行くつもりです!!
(*各々クリックで拡大します)